« SAKE | トップページ | 野菜プレート »

2008年10月25日 (土)

紅茶葉だった

紅茶葉だった
昼食に昨日買ったワインを飲んで
赤だったら水で薄めて飲んだりもするところを
白ワインだったのでそのままグラスで2杯飲み
ちょっといい気分になりかけたのを戻そうと
コーヒーを煎れる。

ヤカンを火にかけて紙をセットして
暗がりの中でゴソゴソと、出来合いで挽いてあるコーヒーの粉を
こんなもんだろ、と、目分量で紙の中にサラサラ入れて

沸いた湯を注いだら
粉が、盛り上がってこない。

蒸らしのために少量入れただけのお湯だったから、と
再度注ごうとしたところで
違う香りに気付いて
紅茶の葉を入れたのだとわかる。

まあこれでも、酔い醒ましにも胃の消化の助けにもなるし
その上少し可笑しかったので
紅茶として飲むには葉の量が多くて渋かったけど
良しとする。

しかし紅茶をドリップするなんて
そういえば考えたこと無かったけど
後始末が楽だし、意図せずにしたこととはいえ楽しい実験。

底が丸いポットで葉が泳ぐようにお湯を注いで、という
紅茶好きには邪道と言われそうだけど。

口と胃がさっぱりすればいいという
くらいでしか飲んでいない自分には充分かな。



専門的なことが何も書かれていない、思い入れオンリーの野球ブログはこっち。

|

« SAKE | トップページ | 野菜プレート »

飲食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110178/24736525

この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶葉だった:

« SAKE | トップページ | 野菜プレート »