« 鯖のムニエル | トップページ | 胃もたれのもと »

2008年11月24日 (月)

『オリンダのリストランテ』

今日は会社にチラッと休日出勤してから
映画を観に行こうと家を出たのだけど
下車駅に近くなってから
オフィスに入室するためのカードを忘れた事に気付き

会社のある駅を通過して仕事後の予定だった映画を観に渋谷へ直行。

観ようとしていた時間の1本手前のを観れそうだという事もあり
しかしながらこの時点で明日はかなり早くの出勤が決定(苦笑)。

『オリンダのリストランテ』、アルゼンチン映画。

料理とか食事の場面が出てくる映画、好きなのですよ。
『バベットの晩餐会』、『ディナーラッシュ』、『飲食男女』、
まだあるはずだけどとにかく、洋の東西関わりなく。

で、この映画、ブエノスアイレスで、食堂といった感じの
小さなレストランを営むイタリア移民のオリンダと
ひょんな事から転がり込んだドイツ人青年ペーターを中心にして
それぞれの過去・現在の恋とか故郷のこととかお互いに吐露しながら
距離を縮めたり、振り返りながら気付く事があったりという
現状肯定的な安心感を得るエンディングの物語。

ハッピーで良かったのだけど
自分にとっては肝心の
料理のシーンが思ったより少なかったのが残念。
赤ピーマンのでかさは印象的でしたけど。
ニョッキも旨そうだったけど。

残念だーとか言って、しっかり触発されてしまい
今夜は絶対赤ワインと決めて(作中に出てきていたし
そもそもアルゼンチンって赤ワインのイメージ)
且つ
牛肉だ!とも思ってしまったのでした。(牛肉の方は映画の中で
特にそれと分かるように出てきたわけではないけど
やっぱりこれも、アルゼンチンて牛肉のイメージ、ってだけ)

そして、実行したら
胃もたれしました。

専門的なことが何も書かれていない、思い入れオンリーの野球ブログはこっち。

|

« 鯖のムニエル | トップページ | 胃もたれのもと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110178/25626498

この記事へのトラックバック一覧です: 『オリンダのリストランテ』:

« 鯖のムニエル | トップページ | 胃もたれのもと »