« キッチンドリンカー | トップページ | 昨晩の、中の量を欲張ったオムライス »

2008年11月11日 (火)

砂肝のコンフィ

砂肝のコンフィ
メインで作ったオムライスは
欲張って中のライスが多すぎて成形に失敗し
チャレンジメニューの方が良くできた。

何がチャレンジかというと
砂肝は自分で調理したことがなかったので初食材なのと
オイル煮という調理法。

大した手間もなく塩胡椒して暫くおいて
ぶつ切りニンニクとローリエと一緒に
ひたひたオリーブオイルでとろとろひたすら煮るという

このシンプルさは素敵。

「コンフィ」というのはフランス語で
「保存(する)」という意味なのだそうな。

肉なら油脂、果物なら砂糖で煮て
そのまま油脂や糖蜜の中に閉じ込める事によって保存食にする
古くからの調理法とのこと。

オイル煮と言ってしまうと
オイルという素材と
煮るという調理法だけにしか思いが行かないけど。
面白いなー。

で、この出来上がった砂肝が
砂肝の概念覆しました。

あのコリコリ、シャクシャクした歯応え、旨さとはまた別の
噛み応えはあるものの、肉の食感なのよね。
ワインと合わせてぴったりの味だったけど
ビールでも良いはず。
一緒に入れたニンニクも美味しいし。

時間とか量とか、まだ改善の余地ありだけど
新しい事覚えた充実感と共に
美味しい晩餐でございました。




専門的なことが何も書かれていない、思い入れオンリーの野球ブログはこっち。

|

« キッチンドリンカー | トップページ | 昨晩の、中の量を欲張ったオムライス »

飲食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110178/25247548

この記事へのトラックバック一覧です: 砂肝のコンフィ:

« キッチンドリンカー | トップページ | 昨晩の、中の量を欲張ったオムライス »