« 正月食材使い切り、最終。 | トップページ | 部隊(プデ)チゲラーメン »

2009年1月22日 (木)

続・グリルパンで魚を焼く

続・グリルパンで魚を焼く
アクセス解析の検索ワードを見ると
自分がグリルパンを買おうとした時と同じ興味を持っている方が
結構いらっしゃるらしい。

「グリルパン 焼き魚」とかで検索してたのですよ、私も。
魚焼けたらいいなーと思っていたので。

結論から言うと、焼けます。全然問題無く。
問題無く、とあえて言うのは、
他の方のブログを結構拝見した中で
こびりつきが酷いというような内容もあったのよね。
グリルパンの素材に因るのかな?

私のは、ストウブでもル・クルーゼでもなく
飛田和緒さんのでも柳宗理でもない。

メーカー名は忘れた…どころか、日本製か他国製かも忘れた…。

鋳物とかセラミックとか色々あるようで
私のは銀座のハンズ(2009.2.3追記:当初「LOFT」と
記載しておりましたが間違いです。)で3千円程で購入した、
テフロン加工のもの。
最初は飛田和緒さんプロデュースの
白いオサレーなセラミックのグリルパンに惹かれたのだけど
今手元にあるものを買って使ってみたら、こちらで正解でした。

飛田グリルパンの1.5倍程あるので
大きなホッケもはみ出すことなく焼けたし。

安かったけど、厚さはしっかりあって、ズッシリ感が安心。

焼くときに薄く油を、私はキッチンペーパーで塗るようにひいて
食材がこびりつくなんてことは全く無いですね。

今日は皮の薄い魚でも大丈夫か、実験の意味もあって
赤魚の粕漬けを焼きました。

美味しくいただきました。

|

« 正月食材使い切り、最終。 | トップページ | 部隊(プデ)チゲラーメン »

飲食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110178/27385468

この記事へのトラックバック一覧です: 続・グリルパンで魚を焼く:

« 正月食材使い切り、最終。 | トップページ | 部隊(プデ)チゲラーメン »