« 人参のポタージュと豆腐のバルサミコソテー | トップページ | 担々麺と鶏蛋西紅柿で中華晩飯 »

2009年4月16日 (木)

チャーシュー丼と、携帯カメラ機能撮影比較

先日、煮豚を作って全部は食べ切らずに残しておいて
それをチャーシュー丼、チャーシュー(叉焼)といっても
煮たのであって焼いたのではないのだけど
まあそんな感じにして食べたのがその2日後のこと。
いつものように携帯電話のカメラ機能で撮影したところ
知らずにどこかを押してしまったらしくフォトサイズを間違えて
失敗してしまったのが下の画像。

デジカメモード0.3M オートフォーカス撮影 壁紙高精細へズーム切り出し 480×800

自分のこの携帯(au、W63SA)は
壁紙モードとデジカメモードが選択できて
デジカメモードで撮影する場合には更にフォトサイズを
0.3M、1M、2Mと選択できる。
デジカメモードは全て「パソコンで表示するのに適したモード」、
その上1MだとL判サイズで、2Mだと2L判サイズで
きれいにプリントできるとのこと。

まあ、カメラ専用の真正デジカメほどではありません、と
取扱説明書のどこかに書いてあったはずで
たかが知れてはいるのだけど
自分で振り返って愉しむには充分。
普段はこの携帯の2Mで、オートフォーカス撮影して、
ズームアップした後に携帯壁紙サイズに切り出す、というのが
このブログ上での常套パターン。

たまに間違えて0.3Mにしてしまうと
このようにぼやけた画像になってしまい
そういう時にはせっかく撮った記録だけども直ぐに消去してしまうのを
煮豚も薬味も更に残ってまだ盛り付けていない分があったので
この日はちょっと比較してみようと思い立ち。

丼に盛った実際食べる用のものの他に
撮影用に小さめの器に新たに盛って載せることにした。

その前に、同じく0.3Mで撮った、こちらはマクロ撮影のもの。

デジカメモード0.3M 640×480 マクロ撮影

0.3Mでも、マクロ撮影の方は結構きれいに撮れてます。

2Mで撮り直してズーム・壁紙(高精細)切り出しが下。

デジカメモード2M オートフォーカス撮影 壁紙高精細へズーム切り出し 480×800

続けて、2M・マクロ撮影が下。

デジカメモード2M 1600×1200 マクロ撮影

うん、やっぱり2Mの方が実際の色味に近い。
実際よりもきれいかも(笑)

こういうこと突き詰めていくとやっぱりデジカメ欲しい!と思うのだろうけど
携帯で気軽にアップ、という形でやっていこうというのが
今の自分の気分に沿っているので
携帯カメラ機能を最大限に活かす方向でいます。

まあちょっと遊んでみました。
白髪葱が白髪になっていないのはスルーで。


専門的なことが何も書かれていない、思い入れオンリーの野球ブログはこっち。

|

« 人参のポタージュと豆腐のバルサミコソテー | トップページ | 担々麺と鶏蛋西紅柿で中華晩飯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

飲食」カテゴリの記事

コメント

あれ!?俺っちと同じ携帯じゃん!!

写真、いつも適当に撮ってたよ・・・。

今度、綺麗に撮れるの教えて!!

いつも「壁紙モード」のまんま撮ってた・・・。

食べ物撮ってもモヤモヤな感じで・・・。

投稿: もりひろ | 2009年4月18日 (土) 10時10分

>もりひろさん
同じのなんですねー!
食べ物の撮影なんかはデジカメモードの方が断然いいですよ。
でもカメラ機能、他にもパノラマ撮影とか色々あるのに、使っていない機能が私も多いんですよ。

投稿: ザッキー | 2009年4月18日 (土) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110178/29123912

この記事へのトラックバック一覧です: チャーシュー丼と、携帯カメラ機能撮影比較:

« 人参のポタージュと豆腐のバルサミコソテー | トップページ | 担々麺と鶏蛋西紅柿で中華晩飯 »