« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

鶏出汁(だし)蕎麦で年越し

鶏出汁(だし)蕎麦で年越し
夜まで買い物をして、帰ってきたら帰ってきたで
明日父親の所に持って行く食べ物を作ったり
大晦日の今日もバタバタ。
今年は色々振り返りたい事も有ったのだけどゆっくりする間も無く
無反省に2009年が過ぎていこうとしていますよ(苦笑)。

それでも無理無理こうして蕎麦を食べる短い間に振り返れば
なんだかねえ…外的要因の悪さよりも
それに振り回された自分の弱き心を反省します。

キリキリしたり、人と比べてみたりね。
一体幾つになったらそういう事から解放されるのかしら、と。

そして、そうやってキリキリピリピリしているのに
周りの人達が優しかったりした事を
しっかり記憶したいと思います。

近くで共に時間を過ごした方も
遠くで心は繋がっている方も
本当にありがとうございました。


今年の年越し蕎麦は
明日父宅に持って行く煮しめに入りきらなかった鶏もも肉を
細切れにしてそれだけから出汁を取ったつゆに
たっぷりの葱をサッと煮で合わせた変わり蕎麦。

煮しめも味見。
元旦は父宅です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

冷蔵庫整理のナポリタン

冷蔵庫整理のナポリタン
会社は昨日から休みだったのだけど
昨日は2日完徹しての朝帰り
夕方ギリギリまで寝て呑みに行ったものだから
大掃除は30日の今日に済まさねばなりません。
今日が終わる前に部屋を清めてお飾りをしないと
明日のお飾りでは一夜飾りになってしまっていけないですからね。

ここの所の呑み疲れもあり、体が重いけども(苦笑)
ちょうど切れかかっていたバスマジックリンやら
今ではすっかり普通に見られるようになった
水だけで汚れが落ちるメラミンのスポンジやらといった掃除用品
その他正月飾りや切り花や雑貨諸々を買いに行ってから
大掃除開始です。

一人住まいでもあるし
普段からそれ程雑然と暮らしている訳ではないけども
それでも一通り、バス、トイレ、流し台やなんかの
水回りに洗剤を撒き散らしてこすって拭いて
数日前に壊れた掃除機の代わりにワイパーで床をさらって水拭きして
玄関も掃いて拭いて、ようやくお飾りをつけたら
夜の9時を過ぎていました。

終わったら何だかグッタリしてしまって
そこから1時間半程寝てしまったのだけど
とにかく今日中に掃除を済ませ玄関にお飾りをし
花も飾ってミニミニ鏡餅も設置して
どうにかこうにか歳神様をお迎えできる態勢が整いましたよ。

昼間は日用品の買い物で両手が塞がってしまって
食材までは購入できなかったし整理も兼ねて有りものの夕飯。

フニャフニャではあるけど幸いカビては無かったピーマンと
1/4個がラップにくるまれた玉葱、
キャベツも結構前から冷蔵庫に入っていましたねえ。

ツナ缶とケチャップで
野菜だけはたっぷり入った手抜きスパ。
疲れた時の濃い味は旨いねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

年内最終

年内最終
高校繋がりな仲間達との忘年会で
何となくの流れで、母校のある駅で飲むことになりました。

通学の用がなければ降りなかったような駅で
前回来たのは何年前なのか分からない。

2軒目のお店で貼ってあったポスター
そうだよね、ここは千葉なんだからね、と
一人暮らしで都内になったとはいえ
電車でたかだか2、30分の距離なのに改めて思ったりして
ちょっとその地元意識が新鮮で撮ってみた。

俊介の腕のしなりがね、なんだか、ルフィか!?みたいなね。
ふふふ。

忘年会続きだった12月、お世話になった人々との呑みも
取り敢えず今日が最終ですよ。

暮れてゆくなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

納会

徹夜明けの後に
徹夜で呑んでしまい
2晩徹夜はやはりツラい。

今夜も呑みで18時待ち合わせなのだけど
起きられる自信がありません。

という風に伏線を張っておいて
これから眠る事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

ウソばっか

体に気をつけようなどと反省した直後に
まさかの徹夜作業になってしまいましたよ…
夕飯食べずに仮眠もとらずにノンストップ。おえ。

今は早朝5時45分、これから1時間程かけて帰宅して
身支度だけ整えて会社にとんぼ返りです。

いや、昨日うちを出る時に
外に干したカーテンが雨に濡れているはずなのを
もう一度洗濯機にかけることもせねばならぬ…。おえ。

今日一日を乗り切りさえすれば…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

復活チキンタツタで小休止

復活チキンタツタで小休止
今日は予定よりスタートが遅れました。

大掃除と年賀状をちょこちょこやろうと思っていたのに
昼からようやく始動です。

昨日は友人と韓国居酒屋の夕べだったのだけど
中生1杯とマッコリ1リットル位では完全素面で
(年末呑みとしてはそれも微妙な〆ではありますけど)、
落とし穴はガンダムなのよねー。
つい読み始めてしまって、午前の2時間程を無駄にしました。
あはは。

31日では掃除後のお飾りが一夜飾りになってしまうので
30日までに大掃除を終わらせるのだとすると
29日まで呑みの予定があるのでスケジュールが非常にタイト。

取りあえず今日はカーテン等の大物の洗うために
4回洗濯機を回して、窓ガラスを拭いて。
で、これからまた休出ですよ。
ひやー、忙しい。

夜の『坂の上の雲』までに帰って来られそうにはないので
ビデオもセットしてきました。
ので、なんとしても今日は一定の作業を終わらせねば。

明日が仕事納めだなんて信じたくないわあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

オイルサーディンのトマトソースパスタ

オイルサーディンのトマトソースパスタ
クリスマスって何ですか?という感じで
去年同様、クリスマスディナーは残業合間のラーメンでした。残業、呑み、残業、残業、呑みみたいな生活の12月ですよ。

そういうことであまり自炊が出来ておらず、今日もこれから休日出勤して夕方からは外食の予定なので
傷みそうな食材を使ってのブランチ。

1尾だけ残っていたオイルサーディン、半分だけ残っていたトマト缶、
デザートはグズグズになりかけのキウイ。
電気の明かりが夜みたいだけども、それは曇っているから点けているので夜ではなく。
なのでグラスに入っているのもアルコールではなく麦茶です。
食べているうちになんだかビールが飲みたくなってしまったけど
これから仕事なので、我慢。


食べていたら、今度は鰯のトマト煮をつまみに作ろう、と思いました。

ところで最近嬉しかった事。
住みかであるマンションの塗装工事の為に
ひと月もの間ずっと掛けられていた建物全体の覆いが外された事。
このまま網が張られたような圧迫感の中で越年か?と危惧していたので
これは非常に嬉しかったのです。

覆いだけでなく、鉄筋で階段や通路も
マンションの外周に作られていて、
それは作業の方々が使う為のものでありましたが
窓側に向いている台所で朝お弁当など作っていると
ベランダ越しにヘルメットを被ったお兄さんがトコトコ歩いていて
3階の我が住みかの外を同じ目線で歩く人を見るのは
結構ギョッとするものだったので
そんな事からも解放される訳ですよ。

そして、凹んだというか、驚いたというか、な事は
覆いが外されて喜んだのと同じ日、それはクリスマスイブ前日、
自分の頭部にハゲが出来ているのを発見しました。

これはいわゆる、10円ハゲというものなのかしら…

ほんとに凹んだかというとそうでもないのだけど、むしろちょっと、、笑っちゃったのだけど
(まあそれも、髪に隠れて見えない箇所でもあるので、ということで)、
笑い事でもないので、医者に行こうかと思ってますが。
いやー、自分にハゲって、そんなことが起きるなんて、本当に驚きです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

オイルサーディン

オイルサーディン
昨日は会社の忘年会、二次会まで結構人が残って
私も今日昼過ぎまで酔いが残るくらいに飲んだのだけど
きちんと二次会途中で抜けて、電車で帰ってきました。
且つ乗り過ごしもなかったので100点満点(笑)。

もう終電の時間だったし、一緒に抜けた何人か以外は
朝までのコースだっただろうなあ。
私は最近は、朝まで飲んで過ごすのは、疲れるわ散財するわで
喜びよりも後悔の方が多くなってきて
家に帰り着くとホッとします。

帰らなくては、と強く思ったのは他にも理由があって、
仕事が立て込んでいるために
祝日の今日は休出しなければならなかったのよね。
以前であればそれだって、飲んでそのまま朝から仕事とか
割と普通にやっていたけど、もう無理。

そういう事で今日は会社に行って仕事。
帰りは久し振りに一時よく行っていた自宅近くのお店へ
寄ろうと思っていたのだけど、
何だかすっかり遅くなってしまって
自宅最寄り駅に降り立ったのが23時半を回っていたので
結局いつも通りの家飲みとなりました。
まあ、家を出たのも午後遅めの時間で
買い物などしてから向かったので
会社に着いたら17時でしたけど。
そりゃそんな時間になるわね。

土曜日に作ったオイルサーディン。
よくある缶詰のものは小さな鰯だけど
今回作ったこれは12~3cm位。

手開きにして塩胡椒してタイムをまぶして
ニンニクも入れてオリーブオイル煮。
ローレルを入れるのを忘れた…。

タイムは生のホールのものを使えば見栄えが良いのだけど
無いので自宅にある乾燥の細かい状態のものを。

あ、レモンを添え忘れたのが惜しい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

温野菜と、豚肩ロースのトマト煮

温野菜と、豚肩ロースのトマト煮
昨日果たせなかった「野菜沢山」を果たそうと
てんこ盛りの野菜を。
肉がそろそろ良いだろうという辺りで蒸籠の湯を沸かし始めて
肉と盛った野菜は全部蒸したものです。
何だか生のようにみえるキャベツも
ナイフがスッと入るくらいに軟らかく、甘くなっています。

肉には塩胡椒してクローブを刺して
それぞれスライスした玉葱とニンニクと
ローレルをビニール袋に入れて、
そこにオリーブオイルも少し入れ2時間程マリネ。

その後の肉を全面焼き付けてから
マリネに使った野菜も少し炒めて
ドボドボと赤ワインを注ぎ
アルコールが飛んだら、水を足して顆粒コンソメを少し
トマト缶も半分位入れて
セロリの葉をタコ糸で束ねたものを加えて、煮込むこと2時間。


肉はホロッと、脂はトロッと。
冬はこういう煮込み料理をしたくなりますねえ。

ダイエット競争時の経験から、野菜、特に葉野菜は
お腹一杯食べても大したカロリーではないので
思う存分食べてOK、キャベツはもう一カット食したのだけど
塊の豚の残り半分は我慢我慢…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

ビーフとオイルサーディンでタルティーヌ2種

ビーフとオイルサーディンでタルティーヌ2種
タルティーヌとは、パンに具を具をのせた
フランスで定番の軽食のこと。
というのは以前の『エル・ア・ターブル』に載っていた一文。

パンはあらかじめカットされたバタールをそのまま使ったので
丈に高さも出て、そこにもガッツリ感がいや増します(笑)
肉を焼いた後のグリルパンで両面を軽く焼いて
ニンニクの切り口を擦り付けてから具を載せて。


外国産の安い肉をオイルとニンニクでマリネしてから焼く。
良い焼き加減。


オイルサーディンも手作りしましたよ。
3尾残っているので明日以降のつまみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

呑み明けのガッツリタルティーヌ

呑み明けのガッツリタルティーヌ
水木金と、三日連続で酒席があり
今日の食事は軽めに、蛋白質や炭水化物はつまむ程度にして
野菜を沢山食べようと、
日曜日に観た映画『ジュリー&ジュリア』のタルティーヌ
(いや、あれはクロスティーニかもしれないけれど)
を食べるシーンがとても美味しそうだったのも思い出して。

安いステーキ肉で作ろうというのは最初に決めた事で
実際その通りにしたのだけど、
買い物に出たら鰯が安くてつい籠に入れてしまい
これが「つまむ程度」にならなかった原因です(苦笑)。

ところで三夜連続となった酒席の方、
それぞれとっても愉しかったのですねえ。

1日目と3日目は会社関連の人との飲みではあったのだけど
一緒に飲むのは久し振りだったり初めてだったりの面々
それぞれ4人ずつで、来週の会社忘年会前の
プチ・プレ忘年会さながらに。
大人数だと皆とは話せないので、そういう意味でも良かったし
あまり仕事の話にならずに
バリバリ徹夜しちゃう人達なのに、自己憐憫が無い
パワフルで気持ちの良い仲間達です。

2日目の方々とも、私は1年振りにお会いして
飲み食いしながらずーっとおしゃべり、
あっという間に時間が過ぎて、足りないくらい。
お久しぶりで会えた事が嬉しかったし
今回お初にお目にかかるOさんの奥様がまた素敵で
職場や周囲に女性の先輩が少ない私には
とっても興味深くて刺激にもなり、
野球の話、そうでない話、愉しくて気持ちが良くて
素敵な時間でした。

年末にかこつけて色んな人達と会える
この時期の良さですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

東京土産

東京土産
一週間が経つのが早い!
師走らしく過ごしていますよ。

この前の日曜日は、朝一で美容室へ行って
その後貨幣博物館へ行って
その次は映画を観て、合間に会社の人の入籍祝いを選んで、と
バタバタ過ごした、その内の
貨幣博物館のお土産を。

日銀と通りを挟んで立つ貨幣博物館、2度目の訪問です。

都内在住で職場も都内なのに
ノリで買ってしまったのね。
会社に持って行って皆様に食べてもらいました。

名称・瓦せんべい
品名・瓦銭弊

お味は特に…普通に美味しい瓦煎餅ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

鶏ときのこのマスタード風味

鶏ときのこのマスタード風味
明日は所用で午前の時間の幾許かを割かねばならないので
えい、半休だ!
となると朝はゆっくりできちゃうなあ、ということで
ワインとツマミでゆるゆるナイト。

先日、夕食を用意するのがとても面倒だった日があって
自宅最寄り駅構内のパスタ屋さんで食べたのが、これ。

最近は夕飯を外で食べる事が少なくて
外食したとしてもラーメン屋とか定食屋。
時にはこうしたアラカルトを頼むと
自炊のメニューも広がって、たまにはいいかな。

まあ「たまには」と思っていないと
外食はおいしいし、自炊は面倒臭いしと
雪崩を打ったように外食するようになるので
気をつけねばなりません。


鶏肉の調理がどんなだか分からなかったので
私は塩胡椒した胸肉を、酒を入れたお湯でゆっくり茹でてから
マスタードソースと和えてみました。

舞茸と、白いシメジ?のブナピーをオリーブオイルで炒めて
そこへ白ワイン、鶏の茹で汁、粒マスタードを入れて煮詰めて
塩胡椒で整えてマスタードソースは完成。

パンとワインが良く合います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

萌えあがれ!

萌えあがれ!
お台場にガンダムがいた折にそんな話になって
会社の男子が「ザッキーさん、良かったら読みます?」と
声を掛けてくれたのです。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』
既刊の19巻までとガイドブック1巻を借りて、
全然ゆっくり読んでくれていいですよ、との言葉に甘えて
他の本の後になってしまっていたのを
先週末からようやく読み出し、今10巻。

ううう、楽しすぎる!

「グフって、『グフッ!』て顔してるよね~」
とか言いながらニヤニヤして
『めぐりあい』口ずさみながら炊事洗濯
こういうアラフォー独女は、気持ち悪いですか。そうですか。

しかしガンダム、やっぱし凄いなあ。
子供の頃にどこまで理解して観てたのかしらとか思っちゃうね。

漫画で記憶を掘り起こされて興奮状態の現在ですが
テレビ版と劇場版を見直したい気持ちが改めて致しますねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

今宵は…

今宵は…
こよなく愛するサッポロ一番でも食べて、さっさと寝ますよ。

先日、『きのう何食べた?』を読んでいたら
ケンジの美容室仲間の、何味が好きか、という会話で
味噌味か塩味に分かれた中、一人店長のみが醤油味と答えたら
少数派と言って指を指される、というシーンがあり

今日は塩を選んだ私だけども醤油を選ぶ事の方が若干多くて、
私の好きな順番は1・醤油味、2・塩味、3・味噌味なのね。

え?少数派だったの?と思いましたよ。

ところで、何故にさっさと寝たいかと言うと
昨晩、飲み過ぎたのですよね。

社長、副社長、私、寿司屋でご馳走になったのだけど
客が私達のみ、板さん達も巻き込んで、もはや居酒屋状態
英語喋ったら日本酒、とか
やめて下さい…

二日酔いは殆ど無かったのだけども
記憶の脱落が…また…嗚呼。
失言や粗相は無かったよ、ということなので、セェーフ!
(セェーフ!じゃねーよ!と突っ込まれそうですけど。)

いや、でも、かなりフラッフラだったらしく
色々聞いたらやはり大変恥ずかしい。。
なので、体調がというより恥ずかしさにうちふるえて
精神的にグッタリした今日という日でした…

しかし、良き上司に恵まれて、幸せな事です。
つか、スミマセン…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

茹で鶏とトマトクリームソースのパッパルデッレ

茹で鶏とトマトクリームソースのパッパルデッレ
つみれを作った日曜日の夜は
本当は鶏胸肉で夕食にしようと思っていて
午前の内に冷凍庫から取り出して解凍していたのだけど
鰯と出会ってしまった為にメニュー変更、
解凍戻しの物をまた冷凍庫に入れる訳にもいかないので
翌月曜日の朝、取りあえず茹でておきました。

が、その月曜日、というのは昨日だけど
夜は外食で、茹でた鶏をまた使えず。
今日のお弁当で半分は使えたので
今晩は残りの半分を使ってパスタを。

生クリームもトマトペーストもあるし、と思ったら
使わないでいたパッパルデッレも思い出して、
これはとても幅広いパスタなので
こってりしたソースにはぴったり。

茹でた時の煮汁もとって置いたので
そのスープと白ワインに微塵のニンニクを入れて煮立てて
ほぐした茹で鶏、トマトペースト、生クリームに
塩胡椒、粉チーズ、パスタと合える時にオリーブオイルを少々。


以前の反省もあって、パッパルデッレは長めに茹でましたよ。

旨い。旨いが。
0時になろうという時に食すものではないよねー。ハハハ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

鰯のつみれ

鰯のつみれ
やたらと大きな鰯が4尾250円ということで
買い物籠に入れて帰ってきました。

手開きにして皮を引いて
1尾は刺身。これは、つみれを作る前に
台所でチビチビ呑むアテに(笑)。

3尾を大きめのつみれにして
下茹でした大根と一緒に薄めの汁で煮て食べました。

白菜とかも入れて、鍋のようにしようかと思っていたのだけど
『坂の上の雲』が始まってしまう!
というタイミングだったので、止めました。

私は、ジャニーズの中で一番好きだったのが
モックンだったのですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

備え有って

備え有って
冷蔵庫の中に発泡酒が有ったはずだと
帰りには何も買わなかったら、
実はもう呑み尽くしていましたとさ。

と言うことで、夏に買って置きっぱなしになっていたホッピーを。

良かった、こいつが有って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

最近の読書

最近の読書
『銀河鉄道の夜(他13編)』宮沢賢治著
「かあいそう」なのが沢山出てくる、今更ながらの名作編。
のんのんのんのんのんのんと…
オツベルときたら大したもんだ。
だいたいこうして、3~5冊に1冊の割合で
古典中の古典だけど読んだことが無い、みたいなのが
読書の中に入ってきます。
そう、読んだこと無かったのですよ、宮沢賢治。

『若き友人達へ―筑紫哲也のラスト・メッセージ』
筑紫哲也著(集英社新書・2009年10月)
筑紫哲也のニュース23、
唯一まともに視ることができたニュース番組だったな。
この本は若者へ向けた言葉を書き起こした文章なので
そこにどんな事が書いてあるのかという興味で手に取ったもの。
大学生、高校生には読んで欲しいなあ。
その頃をとっくの昔に過ぎた者にとっては
書かれた内容そのものに目新しさは無いけども
古くて、古いから目が慣れてしまっている政治的イシュー
こういう事を敢えて取り上げて言う大人、ジャーナリストが
筑紫氏だったと思うと、
あの方が亡くなったのは日本にとっての損失ですね。

『46年目の光』ロバート・カーソン著、池村千秋訳
(NTT出版・2009年7月)
目の見えなかった男がある日見えるようになって
それはどういう世界なのか?という、
これは実話。

『ファンから観たプロ野球の歴史』
橘川武郎・奈良堂史共著(日本経済評論社・2009年8月)
巨人ファンと阪神ファンの、経営学の先生が共同で執筆の野球本。
歴史、という書名だけども、歴史を踏まえつつ
これからへの提言へ繋がっている内容で
注釈に到るまで、お好きですなあ!というのが表れて
なかなか面白い本でした。
ファン目線で、というのもちょっと珍しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

良い方へ向かっているのかな

酔っ払いの、訳の分からない前エントリーで
もはや自分でも解読不能なのだけど
まあ、消さずにとっておきましょう。

昨晩は、とある仕事上の目的もあって
後輩ガールと私の上司と私、3人で飲み食いすることになり
とても楽しいお酒となりました。
電車で帰れたし、記憶も無くさなかったし(笑)。

どちらさんもそうだろうけども
今年はほんと、この経済状況の悪化で当社も非常に厳しく、
お給料が下がったのは以前も書いた事だけど
人的リストラもあったのですよね。

そうして辞めることになった彼女は幸いに
すぐに次の就職先が決まって職が途切れる事にはならず、
つい最近また縁あって
うちの会社が関係する別会社へ戻るような形になり
終わり良ければなんちゃらで、本当に良かったねーと
喜びあった昨晩でもあったのだけど

彼女が辞めて行ったその時期は私も色々考えてしまって
一言で言うと、キツい時期だったなあ、と思い返します。

それは私だけでなく、私の上司やボスは勿論
周りの人間みんな多かれ少なかれ
何か思いながら過ごしたのではないかと思われ。

私はあの時期何を思って、感じていたかというと、
会社に残れる自分としての
辞めていく人に対する心苦しさだったり、
もしも自分が対象者だったらと考えた時に
職を無くした時の自分が持つセーフティーネットの
少なさに対する恐怖だったり。

辞めた彼女は私より随分年下だけども
家族の話やお金の話
プライベートな領域の事についてよく話をしていたので
彼女に起こった事は身につまされるようで、
自分を振り返ってみれば
親の事とか、将来の事とかへの心許なさが募りもし、
お給料が減った事よりもそちらの方が苦しかった。

そういうことで、人は戻ってきたし、
お給料もこの度、元の額に回復しまして
和やかな雰囲気で楽しかった昨晩でした、ということです。

まあ、大団円かと思いきや、
先日あった会議の数字を聞く限り
お給料の方はねー、まだ安心はできない感じで
またいつ下げられてもおかしくはないのが怖いところ。
夏はボーナスが出なかったのだけど
勿論冬ボも期待はしてませんよ。
ええ、全く、もらえるとか思ってません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

色々な立場を置いておいて

人的リストラされた後輩ガールが
別会社へ戻ってきました。

会社などというのは
言ってみたら記号なのであって
ああすみません、今日は酔っ払ってしまいまして
もうかけないやー

大人には色々あるやね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »