« 北京2010/03/14、地下鉄 | トップページ | 直訳 »

2010年3月19日 (金)

北京2010/03/14、昼ご飯のやり直し・炸醤麺

北京2010/03/14、昼ご飯のやり直し・炸醤麺
ブランチにどうでもいいものを食べてしまったので、
(吉野家で牛丼セットを食べてしまった。いや、ほんとは吉野家の
中国にしかないメニューを食べてやろうと思って入店したのに
いざ頼む段になって他のメニューがどうも美味しそうに見えなくて・・・
で、食べた牛丼は普通に牛丼で、吉野家のクオリティーが
グローバルに保たれているのを確認しただけの食事になったという・・・)
さほどお腹が空いていた訳ではないけれど
この時は14時を回っていて食べられなくはないというお腹具合だったし
前門、大柵欄辺りを歩いていたら「炸醤麺」の文字を見つけてしまったので
ふらふらと入ってみた。

北京と言えば、炸醤麺。
…などというのは、つい最近まで知らなかった事で、
たまたまレシピ検索をしていた時に
北京には炸醤麺を食べさせる所が多いという記述に行き当たったのが
頭に残っていたせい。
そしてその記述によると、北京の炸醤麺には枝豆が入るのがお約束とのこと。

果たして、入っていた、枝豆。(お椀の左隅のお豆さんがそれ。)
他にはもやしや、胡瓜・蕪の細切り、小口切りにしたセロリ等が入っていて
甜麺醤主体の味噌が掛けてある。

上に乗せてある野菜類は温度を感じないものだけど
底から混ぜると、まだ茹でたばかりの麺が温かくて
ホワッと湯気が昇る。

「炒めものは要りますか?」と言うので
つい頼みたくなって、青梗菜と椎茸の炒めものを一緒に頼んだ。

炒めものはまあまあ。
正味のところ、炸醤麺は、日本で食べるものの方が私には美味しいかな(苦笑)。
他の店のも食べて比較したかったけど、短い滞在で胃袋も一つなのが残念。

この後はお茶屋さんでお茶をして、雪の天安門広場へ行った。

|

« 北京2010/03/14、地下鉄 | トップページ | 直訳 »

飲食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110178/33844888

この記事へのトラックバック一覧です: 北京2010/03/14、昼ご飯のやり直し・炸醤麺:

« 北京2010/03/14、地下鉄 | トップページ | 直訳 »