« 首が折れそう | トップページ | 肉うどん »

2010年4月16日 (金)

北京2010/03/14、棒球場

北京から帰って来てすぐにアップすれば良かったのに
そして野球の事でもあるし久々アメーバの方に載せようと思っていたのだけど
ぐずぐずするうちに巷では喜びに溢れつつ開幕を迎えて野球シーズンへ突入
今はまた開幕からこっちロッテ好調の状況でもあって、
寒々しいエントリーを載せるのは気が引けるので
ひっそりと、こちらに載せておく。

WUKESONG
この日は朝から雪が降っていて、そんな天気の時に
実動2日間しかない旅行客が降りるような駅ではない。
…のだけど、私にとっては2008年の夏、来たくて来られなかった場所であって
一人旅ならではの酔狂も良いか、と、地下鉄で。

駅の案内表示を見ると、あの夏にさんざん地図で目にした
競技施設の敷地である公園が広がっているものの
蓝球(バスケットボール)施設の表記があるばかりで
“棒球”(野球)の文字はどこにも見えず。人気の差…?

暫く公園の外に沿って歩いてから中へ入って、
施設の案内も何も無い上に、雪で周囲が真っ白なので
自分のいる所がどんな所なのかも分からず、道を尋ねる人にも行き会わずに、
でたらめに歩いて分かるものかしら…と思いつつ
ギシギシ雪を踏みしめて歩いていると
遠くの方に、それらしき看板が見えた。

棒球場1
雪が降り続ける中、ポツネンと見えた、球場の表ゲート。
この時、積雪は少なくとも5cm。寒い。
嗚呼、あの夏に来たかった…!ま、来ても、泣いて帰ったはずだけど。
星野さんの虚ろな目を見ながら、テレビの前で本気で泣いた私。

この看板の左側には上に上がる階段があって
その向こう側にはグラウンドなり観客席なりがあるはずだけど、
柵も何も無く、完全スルーで入れちゃう様子。
でもそれでいきなり怒られるのも嫌だなあ、と一瞬逡巡していたら
迷彩服のお兄さんが。
「あの、、この中って、入れます?」と訊いたら
自分の中国語能力不足と、相手の地方訛りとで
何だかよく聞き取れなかったけど、とにかく入っても良い感じ。
というか、俺には関係無いし、入れば?みたいなニュアンスで。
でも、ん?「拆(chai)」って言った?

まあとにかく中へ。やったー。
…と、これは…結構ショッキング。

棒球場2
バックネット裏から…球場の内周に沿うようにしてプレハブ小屋が。
なんか、こう、大事なものが犯されている気分…

棒球場3
1塁側ベンチ上から3塁側ベンチを臨む。
どちらのベンチ前にもプレハブが立ち並ぶ。御無体な…

暫くウロウロして、ようやく来られた満足感と
球場の有り様を目にしてのやさぐれ感を抱きながら、外へ。

入ったのと同じ階段を下りて行くと、雪かきをしている熟年といった感じの女性が。
「こんにちは。あの、この球場、被拆了吗(取り壊された)?」と話しかけたら、
その方、私が言いまつがいをして尋ねたのをちゃんと拾ってくれつつ、
「いいえ、還没有被拆だけど、快被拆了
(まだ取り壊されていないけど、まもなく取り壊されるよ)。」と。
あなたこんな所で何してるの、と訊かれたので、
野球観戦が好きなこと、オリンピックの時に来たかったのに来られなかったこと、
ようやく北京に来たので来てみたのだということを一言二言話して
「会えて嬉しかったわ!再見!」などと言ってもらって、球場を後にした。

壊される前に行けて良かった。けども。けども!
大陸では元々関心の薄い野球、
オリンピックを機にどれだけ人気が出るのか、現状どうなんだと思ったら
これは随分難しそうだなあ(苦笑)。

|

« 首が折れそう | トップページ | 肉うどん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110178/34047105

この記事へのトラックバック一覧です: 北京2010/03/14、棒球場:

« 首が折れそう | トップページ | 肉うどん »