« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

休みじゃない感

今年を振り返るという余裕が無い。

とりあえず、お飾りはできる、というか
許して下さい、というラインまでの、大掃除を終えて
その後会社に行って、納会までに間に合わなかった仕事をして
これからまた約束。

年賀状…まだ…

年始は父親の所、翌日とその翌日も予定あり。

いや、予定を入れたのは私なので、今思うとバカだったと思うのだけど
自分的には全て外せなかったりする
…ということ自体が思い込みということもあるかもしれないけれど。

来年は、削ぎ落とす部分と、力を入れる部分について
もっと意識的になろう。
削ぎ落とすと決めたら、徹底的にやろう。
自分の基準、自分のペースを保とう。

振り返る前に、来年の目標設定。

| | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

あ、、、

喉の、上口蓋というのだろうか、が腫れて、唾を呑む度痛い。

仕事とサンドイッチでこの数日、濃厚な、沢山のことがありました。

「気」をとられて、うっかり得病のないよう、年明けまで気を付けます。

年内にはコメント欄のお返しを…!

| | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

忙しい・・・とか言うのってかっこ悪いと知りつつ。

最近、人が入って、教えながらやったりする分だけ仕事が倍増。
自分の直下なので、今のところ、結局彼の仕事は全てこちらでも確認するし
まだ自律的に動ける訳ではないので細かな指示も出さなければいけないし、
まあこういう状況下ではよく言うように、自分でやった方が早い。

それをおして人を雇入れるのは、事前にボスから言われたように
「最初は確かに、ザッキーは逆に忙しくなるかもしれないけど
でも、ゆくゆくは今の仕事を振り分けられるし
余裕ができるのはザッキーにとっても良いことなのだから」
と、それは自分でも分かっているのだけど。
そして、新人君の性格の良さが救いでもあるけど。

ただでさえ忙しい年末、この状況で23日の祝日とか、邪魔。
20時半になろうというのに、これから処理に取り掛かるものだらけで
どれから手をつければ良いのやら。

この前の土日も、会社の人の出産祝いを買って
ずっと取り掛かれなかった衣替えを完了させたりをして
それらのあとは休日出勤だったし
そのまた後に駆け足で、誘ってくれた忘年会。
日用品の買い物ができないでいる。
トイレットペーパーはあと一つ、バスルームの電球が昨日切れて、
綿棒は今朝無くなって、サランラップは無いまま1週間以上。
ま、自炊自体ほぼできてないから、用もないのだけど・・・

今日は昼食を摂る時間が無くて、今さっきようやくご飯。
20時から始めると言っていた打合せが、まだ始まらないので
その隙にラーメン食べてきた。

なんか、馬鹿みたいだな。

・・・・・・
と書き付けていたら、打合せが始まって
終わった今がもう22時。これから自分の仕事開始。

いつの間にか、雨が降っている。素敵。
ドラスティックに、変えたい、全て。

| | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

NICE

NICE
衣替えをして、箱から出してあった衣類に一気にアイロンがけをしたのは
土曜日のことだけど、細切れに書き綴って今更更新。

我ながら物持ちがいいなあ、なんて
自画自賛で載せようと思っていたのだけど、
私の手入れが良いというよりお店が、安い割に良い物を
揃えていたという事なのだろうと思い直した。

このセーターは、確か高校生の頃に購入したので
もう20年程も手元にあるもの。
今年もまた衣替えに生き残って、アイロンを掛けたところ。

そんなに前のものだから、袖の筒など、脇が大きくて
手首に向かって細くなる辺りに時代を感じるので
外に着ていく事は無くなっているのだけど、
それでも、毛玉も殆ど出来ず縮みもせず
洗ってアイロンを掛けると表面が滑らかに元の通りになるので
幾分身ごろに余裕があるデザインも
部屋着や、就寝前に寝間着の上に着るのには、気分が良い。

高校の時のクラスメートが、マガジンハウスから出ていた
『Olive』が好きなOlive少女。
(Olive少女、単語として成立していたのもナツカシイ。)
彼女に影響されて私も好んでよく買って読んでいた雑誌だけど
その『Olive』に紹介されていたのが『NICE』というお店。

表参道から渋谷へ抜ける小道にあったそこは
それほど高くない価格帯で、でも安っぽく見えない
上品でシンプルな雑貨や衣料品などを
小さくて静かなお店の中に揃えていて、
あの頃は雑貨ブームが始まった頃でもあり、色んなお店があって
中でも私も好きな雰囲気の物達ばかりだった『NICE』は
あの辺に行く時は当時あった無印良品と共に
必ず立ち寄るポイントだった。

買い物やウィンドウショッピングの為に
うろうろすること自体をあまりしなくなったし
ましてその為に表参道や渋谷を歩くということも無くなったけども
あのお店はまだあるのかしら?

…と思って、検索してみたら、何年も前に無くなったらしい。
移転なら、そこへまた行ってみたいと思ったけど
そういう情報は見つからなかった。残念。

あそこで、他には何を買ったのだったっけ。
思い出せないけど。
好きなものって、昔からあまり変わっていない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

個人増税とかいうけど

「…すべての制度改正が完了し年間を通じて税額に影響が出るのは14年から。民間の試算では夫婦と小中学生の子ども1人の世帯で、政権交代した09年と14年を比べると、年収2000万円で手取り額は約11万円減少するという。」(今日の日経朝刊から。)

こういう試算のモデルの置き方に対する
現実的な意味を持つかどうかという問題はとりあえず置いておいて。

年収2000万円で手取り額が11万円減ったからって、何なの?
と思ってしまった、とか告白すると
自分の小市民さを明かすようだけども。

累進課税の傾斜をもっとキツいものにしてもいいと思う(笑)。
いやもちろん、途中からの傾斜を、だけど。
「途中」をどこからにするかがまた難しいのでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

断捨離る

断捨離る
流行りに乗っかってみようということではないのだけど
(いや、タイトルは、思い切り乗っかってのものだけど)
来年に引っ越しが控えているということもあり
そして多分、1月いっぱいまではこのまま忙しいのが見込まれるので
ここの所ゴミ出しの日には、何らかの
日常生活の中で出る以外の不要品を捨てようキャンペーン実施中。

先日の衣替えの時は、傷んだりほつれたりは無いけども
何シーズンも着ていない服を捨てて、
その前は、ちょっと表面が剥げているだけだから…とか、
かと言って履きもせずに、置きっぱなしだった靴を何足か捨てて
少しずつ、すっきり。

で、今日のこれらは、野球観戦グッズ。ロッテ以外のものは処分しようと。

野球観戦好きな友人の一人に、
一応自分のご贔屓チームはあるものの(ロッテではない)
野球観戦自体が好きでご贔屓チーム以外のカードも観に行くし
そこは私も通じるところがあるので以前はよく一緒に
観に行ったりしていた人がいたのだけど、
その人がグッズを持って観戦するのが好きで
且つ、一人で所持携帯するのは盛り上がらないらしく、
私の分も買ってくれてしまうので
どんどん集まってしまい、、という結果達。

ホークス、阪神、日ハム、西武、横浜、楽天、つかマー君とカラスコ(笑)、
他、日米野球の時のメガホンやらフラッグやら。

私はあまりグッズ収集には興味が無いけども
一度所有してしまうとそれぞれ思い出と結びつきもするし、
そのために多少の逡巡はあって、ずっと持っていたのだけど、
どこかで線引きしないと溜まる一方だから。

一応画像に収めて、モノの方は手離します。
さようなら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

ポークソテー弁当

ポークソテー弁当
先週金曜日の会社忘年会は、久し振りに朝まで。
一次会の後、二次会、三次会と、それぞれ違う面子が揃っている所へ顔を出して
朝までだとさすがに疲れるけど、自分自身がお酒に弱くなった分
終わりの方は殆ど呑まずにいたので
弾けすぎて後悔するような事もなく(笑)
普段話さないような人や、久しぶりに一緒に呑んだりして人もあって
会社呑みの用を果たせた感があり、充実の忘年会だったような。

お陰で土曜日は夕方近くまで寝て
夜に彼が来てもアルコールは殆ど口にできず(苦笑)
まあ休肝日も必要ということよね。

昨日は仕事に行こうと思っていたのだけど
土曜日からのダラダラした気分が抜けきらずに
結局午前中に少し買い物をした以外は外へ出ずに過ごした。

仕事はできなかったけど、気になっていたこと、衣替えをしたり、
庖丁を研いだり、爪を削ったり、幾つかの物を捨てたりができたのは良かった。

年内あと2週間。焦るけど。今週もこなして行こう。
一日一日、何かしらすっきりさせて。

今日は、玉葱と青海苔の卵焼き、胡麻油風味のポークソテー、
茹でブロッコリー、プチトマト。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

豚こまトマトソーススパゲッティ

豚こまトマトソーススパゲッティ
昨日の夕飯。日付が替わろうという時間の食べ始め…

お腹はそれほど空いていなかったのだけど
昨日のお弁当用に一昨日の夜、冷凍庫から豚肉を冷蔵庫へ移しておいて
結局朝、時間が無くてお弁当が作れなかったので
置き去りにされた肉を使い切らなければならず、
他にも半分だけ残したトマト缶とか、これまた半分だけの玉葱とか
そろそろヤバいという感じで。

豚肉は切り落とし肉だったので、生姜焼きとか炒めもの…とも思ったのだけど
米飯と食べるおかずみたいになってしまうし、
トマト缶と合わせる事を考えたら、無難にパスタへ。


細かく切って、粗いミートソースのような感じ。
トマト缶の残りだけでは足りない感じだったので
湯剥きした生のトマトも刻んで煮た。

今夜は会社忘年会。
殆ど強制なのに会費は自分持ちという(苦笑)。
しかも今年はこじゃれた所でやるというので、高い。
社外の方も呼んでいるので、それなりに気も使うし
なんだか釈然としないけど…!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

東京大仏


東京にも大仏があるだなんて、知らなかった。

9月の三連休の時に散歩したという記事を、今更(笑)。
いや、まだ、3月の記事も年内には・・・と残そうとしている私なのだけど。

三田線終点・西高島平。
情報では、奈良、鎌倉に次ぐ第三の大仏、となっているけど
その割には道々の表示が少なくて迷った、東京大仏のある浄全寺。
徳川家と縁のお寺で、お寺の門には葵の御紋があしらわれていたり、
お寺の歴史はそこそこあるのだけど
大仏が置かれたのは30~40年程前とそれ程古い話ではないのが
古刹として観光名所化していない理由かも。

私たちのように観に来ている人もまばらで
でもそのおかげで、静かな境内でゆっくり大仏様を拝顔。
周囲は緑が多くて、東京にもこんなに静かな所があるんだねえ、と
なかなかナイスな穴場だった。
近くの植物園にも寄って、これが意外に広くて、お散歩コースにも最適。
花が多く見られる春とかの時期ならもっと綺麗だったかも。

この日は彼の持ってきた「東京メトロスタンプラリー」に沿って歩いて
大仏様の後は早稲田方面をてくてく散歩。
スタンプラリー、って、子供の頃にもやった事が無いのだけど
大人になってからやるのはちょっとこそばゆくて、楽しい。

3つあったスタンプポイントのうち、ひとつは椿山荘で
結婚式の煌びやかな装いの人々に混じって
あのー、スタンプはどこですか?と訪ねる
めちゃめちゃ普段着の私たちはかなり場違いだったけど(苦笑)、
広いお庭も散策できて、ここも良いお散歩コースだった。

椿山荘から、最後のポイントは西早稲田で、途中の目白台運動公園の
芝生と噴水がとても気持ち良さそうだったので立ち寄ってごろ寝してみたり、
地元駅に戻って立ち飲み屋さんへ行ったり、
そうそう、あの時はアメーバの方のロッテな方も合流して呑んだりで
非常に楽しい1日だったのでした。

もっとたくさんワン・デイ・トリップをしようと思ってたのに
もう12月か。
したいことはすぐにしないと駄目だなあ。ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

肉じゃが

肉じゃが
家庭料理の定番、なのだろうけど
自分ではあまり作らないなあ、肉じゃが。
親兄弟と暮らしている時の事を考えても、食卓に上った覚えがほとんど無い。

思い出すのは、小学校の給食のもの。
男爵だとかの、ほろほろ崩れるじゃが芋で作ってあって
グリーンピースが入っていたような。

この日のこれは、出張料理人が作ってくれたもの。
奥のもう一品は、生の春菊を梅肉・塩昆布・胡麻油で和えたサラダ。
どちらも美味しかった。ごちそうさま。

肉じゃが担当決定。これからも、ありがとう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

鶏塩うどん、再び

鶏塩うどん、再び
鶏油を使って作りたかったものとは、鶏塩うどんでした。
どれだけ好きかっていうと、これだけ好きという(笑)。
まあ、ああいった化調ベタベタなものを好き好き言うのは
バカ舌を明らかにするようでナニだけれども。

以前に、雰囲気だけ真似て作った時
「それなりに美味しいけど別のもの」で終わって、
その後日気紛れに、鶏肉を茹でた後に出たスープと
何かで余っただしの素を入れた出し汁を合わせたら
あ、なか卯の鶏塩うどんのスープの味!と気付いた。
これにニンニクを加えたら、正にそれ、という味で。

ただ、なか卯のは、表面に透き通った油が浮いていて、
鶏出汁と鰹出汁を合わせただけでは
あの脂気からくるコクが無いのだよなあ、
具の鶏肉(なか卯の鶏塩うどんには鶏肉が乗っかっている)を
スープで茹でたら、あんな風になるのかしら?とか、
思いを巡らせていたのだけど。

そんな風にたまに思い出したりしていた先日
またなか卯で食事をしていた時に
店内の放送で鶏塩うどんの宣伝が流れていて
聴くとも無しに食べていたら、「チーユ」というワードが耳に入ってきて。
「チーユ」を知っていた訳ではないのだけど
それは多分「鶏油」と表記するのだろうとは思ったので
早速調べてみて、作ったのが、過日の鶏油でした。

まあ、ここまでの話、後日なか卯のホームページを覗いてみたら
全部書いてあったのだけど。かけ合わせのスープのことも
鶏油のことも。
先に見れば良かったのに、という、なんとも遠回りな(笑)。



で、お味のほうは、というと、
旨い!旨いが、違う!みたいな。

まず、鶏油、これはコク出しには大成功で、
スープに加えると途端にグッと深みが増してとても美味しいのだけど、
脂を抽出する時に入れた葱と、特に生姜の香りが移り過ぎて、
目指すものとは違う風味になってしまった。。。
いや、目指さなければむしろこの方が美味しくも思える(笑)。

そして、これはもうどうしようも無い感じがするけど
うどんの麺そのものが全然違う味。今まで漫然と食べていたけど
やっぱり麺ってそれぞれ違うのよね。って当たり前か。。。
美味しいとか不味いとかの差ではなくて、違う。というのを改めて感じる。

あと、乗っかった鶏肉も、あんなにプリっとなるのは何故?とも。
実は今回、鶏塩うどんを2回作っていて(以前アップしたのではなくて)、
1回目のただ茹でただけの鶏肉(一応酒を振って置いておいたけど)は
どうも満足できなかったので、2回目は肉をキウイに漬けてから茹でたり。
キウイは肉を軟らかくする酵素が強力で、あまり漬けすぎると
肉がボロボロになってしまうほど、というのを
どこかで目にしたからなのだけど、これもどうもイマイチ。
確かに繊維は崩れるように軟らかくなるのだけど
目指すぷりぷりした感じではないのよねえ。

うーん、道のりが長いぜ!
まあ色々勉強にはなりました。

ところで、このうどんについて検索などしている過程で
食のサイトやブログなどに当たって読んだりしていたら
鶏塩うどん、「美味しい!」という意見が多いものの
(何かのランキングで、なか卯メニューの中では1番だったらしい)、
ニンニク臭い!しつこい!ビックリ!みたいな感想の方も
チラホラいらして。
いや、それが旨くて食べるんだよ!と、独りごちていた私。
ニンニクも脂も、あのうどんの重要な属性ですから。

ほんとに好きだね~。記事も無駄に長いし(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

肉そぼろの卵焼き弁当

肉そぼろの卵焼き弁当
照り焼き弁当、でもいいのだけど
今日したかったのは卵焼きの方なので。

一昨日作った肉そぼろ、小さなパックの挽き肉を使ったのだけど
その日のお弁当には入り切らなくて
昨日のお弁当でお握りの具としてもまだ使い切らず
今日は全て消費しなければ、しかもメインは照り焼き食べたい、ということで
卵焼きに入れたもの。

挽き肉と玉葱を醤油の味付けにしてオムレツ状にしたものは
父がたまに作ってくれていたけど、
今日のは薄焼き卵のように平たくフライパンに流した卵の上にそぼろを広げて
巻きながら焼いたもの。
卵焼き器があれば楽だけど、無いのでちょっと畳み方に注意しながら
最後は巻き簀に取って完成。

何だか濃いものばかりで暑苦しいか(笑)。
今月は外食が多くなりそうだし、自炊部分でカロリーと
バランスのコントロールをしようと思っているのに、変だわ。

今日は、
そぼろと青葱の卵焼き、茹でブロッコリー、
鶏もも肉の照り焼き、塩揉みキャベツ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

鶏油(ジー油・チー油・ji you)

鶏油(ジー油・ヂー油・ji you)
あるものを作りたくて、それに行き着くために必要だった、鶏油。

ネットで検索してみたら、とっても簡単!ということで
数日前から実行したくてウズウズしていたのだけど
今日ようやく、鶏皮を購入して作ってみた。
ネット社会万歳。

葱と生姜を適宜入れたりするのだけど
要は単に鶏皮をゆっくり加熱して採った脂という事で、本当に簡単。
小さなパック一つ分の鶏皮に対して、手持ちの小さな14cmのフライパンが
ちょうど良いサイズだった。


ヒットした幾つかのレシピでは、茹でる、炒める、両方あったけど
テフロン加工の小さなフライパンにドサッと投入したら
みるみる脂が出てきて、皮が自分の脂の中でぶくぶく言っている状態。

ある程度脂が出てきたらざっくり刻んだ葱と生姜を入れて
最後に茶漉しで漉したら、完成。
使うのは勿論脂の方なので、茶漉しに残った物は廃棄。
皮煎餅になるのだったらそれも食べられるなあと思っていたけど
そうはならなかったので。

ラーメンやスープに入れてコク出しにするらしい。ふふふ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »