« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

日常に戻るのは早い

関東エリアに住んでいれば
まだ電車も通常運行ではないし、
計画停電を毎日思って過ごさなければいけないし、
中央区にあるうちの会社は計画停電は関係無いけど
節電で暖房を入れていないしで、
多少の不便はあるのだけれど
本当に、それは、多少のことであると
思い起こさせてくれる記事を拝見したので
貼らせて頂きます。
ツイッター上で遭遇した記事で
3/16から3/23まで、陸前高田市へ派遣された
看護師の方のブログ
です。

地震、津波発生後から日々流れていた映像や写真は
かなり抽出されたものだとは思っていたけれど
(それすらもやはりショッキングであるというので最近は
発生後から数日繰り返し流れていたテレビ映像などは
映さなくなっているらしいけど)
被災地ではやはりもっと、生々しく酷い
現実の光景があったのだと、改めて認識する。

目の前の日常に意識の大半を占められていくのは
生きていくにあたっての人としての正の面だと思うけど
その反面、忘却の影で救われない人が出てくる事は
(社会的キャパシティはあるというのに!)負の面でもあり
ああ、なんだかとりとめがなくて色々書きたいのだけど、
書いては消して、をしたのだけど、
やはりまとまらないまま日付を越えたので
このままアップ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

今日の動き

昨晩、終電を逃して職場近くのビジネスホテルで1泊。

帰宅後シャワー、ご飯、掃除。

歯痛が鬱陶しいレベルになってきていたので
今日こそ歯医者に行かねばと思っていたのだけど
夕方からは、入店の時にいないとダメという行列店で飲み食いの予定。

結局、歯医者を優先させた結果、開店の18時には電車1、2本間に合わず
合流を取り止め…。

そのまま帰るのも切ないので、電車逆方面に乗ることにして
何だか一人で鵠沼海岸。

なのに海まで迷って、寒さに負けて、辿り着かないまま
また引き返す…風が冷たすぎる…

町田で雑貨屋など見て、夕食はスタ丼。と瓶ビール。スタ丼、初。旨。
しかし、言う程にんにく、きつくないんじゃ?

と いう、帰りの今。まだ21時半かー。
旦那さんは楽しく呑んでいる事でしょう。
うちに帰って呑み直すかな…
治療中の歯の半端な詰め物が気になるが…

しょぼ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

親族のこと

私は父方が青森というルーツを持つので
今回の東日本大震災では死者も出た青森方が心配だったのだけど
先日、たまたまあった法事で様子を訊くことができて
周囲含め特に大きな被害は無かったとの事で安心した
(ここは中国語「放心」の方が字面的にも気持ちに近いのかなあ)。

青森の伯父さんは、祖父世代の世話と、お墓の面倒をみてくれていた人で
子供は外に出た娘達だけ、伯父さん夫婦も年を取り
今回、東京にお墓を移したのでした。

私はもう家を出てしまったけど、改葬とあって久し振りに親戚と会して
まあ、結婚式も披露宴も挙げなかったので
旦那さんを紹介するにもちょうど良く。

なんだか取り留めがないけれど、顔がちょっとずつ似ている人達と
生活の場は全然違うのに血の繋がり
(又はそれを介した繋がり)があるというだけで了解しあって
安心したり、掛け値無しに幸せを願ったりというのは
とても温かいなあと思ったし、
こういう機会って、宙ぶらりんだと思っている自分にも
根があるのだなあと、安心したりもする。

つか今日寒いなあ。
初入店のお店で結構いい気分になりながらの更新。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

気に掛かっていた事をちょっとずつ

連休中は、お礼呑みだったり法事だったり家具の移動だったり
相変わらずゆっくり物を考えたり読書をしたりの時間は
とれなかったけれども、
できなかったことよりも、できたことを思って生きていこう、という
今現在。
といいつつ、また0:30になろうとしていて
やっぱりできなかったことと過ぎた時間を悔やむのだけど。

ようやく、「読んでいるブログ」というリンクを
貼る事ができましたので、ご報告。
以前からアメブロとココログでそれぞれお世話になっていた
もりひろさん、yuukiさんのブログのリンクを貼らせて頂きました。
今更ですみません。。。

ついでに、もう1年も前にアカウントを取っておいて
放置していたtwitterも試しに貼ってみたり。
先日の地震で周囲と数時間なかなか連絡が取れなかったその後
弟から「twitterアカウント今のうちに取れば?
メール・電話が繋がらない時に便利だから。」と言われて、
いや、持ってるんだよな…と復活させる気になったので。
貼った所で満足してる感があって、リツイートとかの
読み方というか、文字の羅列の意味がまだよく分かっていないけど
分からないのでしばらくやってみよう、と。

うーん、出力したいことが出力できない。
キーボード前に手首を固定したまま時間だけが過ぎていく。
これだけの文章を書くのに、もう2時間近く。

結婚の事、親戚の事、ご飯をつくること、洗濯物の事、買い物の事、
家具の配置の事、朝の電車の事、部署のコがやめること、
引き継ぎの事、自分の仕事の事、犬の事、猫の事、
今日が寒かった事、親の事、住む町の事、まだそこを知らない事、
子供の時の町の事、理想の事、現実の事、
東京タワーの事、中国の事、勉強の事、したい書類整理の事、
書きたいと思わなければ自由なのに。
あふれそうであふれないのがもどかしい。時間ばかり過ぎて。

| | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

東電幹部が謝罪

上記件名の記事をインターネット上で先ほど見て、
なんとなく違和感を感じている自分。

社会的インフラを民間企業が請け負うということについて
なんとなく通り一遍の理解だったのでは、と
過去の自分を振り返っている。

勉強したい。
鉄道しかり、郵政しかり。

効率性、安定性、モラルハザード、責任。
その時点での良きベクトルに向かっての
最大公約数を取って存在に繋がっているのだと
考える事が自然だろうけれども、
国を揺るがすこれだけの災厄が
一企業の経営責任というには
あまりに軽すぎるだろうと思う。
ましてや、その従業員たちの命がけの生真面目さを
福島フィフティなどと称揚することなどは
もっと大きなものを彼らの責任感に転嫁するようで、
そんな称揚はSAMURAIなどと勝手に感動する
外国人がするのに任せておけばよいように思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

チェーンメール

「コスモ石油の方から教えてもらった」というのが私の方にも来たけれど
どうもこれがチェーンメールらしい?

製油所や製鉄所の化学薬品の含まれた雨が降るので
傘やレインコートの着用を…のくだりは、まあ、ね、という感じだったけど
「放射能漏れの影響の予防に備えて海藻類と味噌と葛を食べて」に
至っては、もう、なんだろう、脱力。

もちろん回さなかった。

チェーンメールを晒すサイトなどももしかしたらあるのかもしれないけど
それを探して色々するほど暇でもないので、一応アップだけしておく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

この文章を書いた方が誰なのかはもう分からないらしけど

いつも拝読しているブロガーさんの記事にて掲載されていて
私の住む地域では避難民が出るほどの混乱ではないけれども
これを読んだ誰かのために、ということと、
今後、このような災害の起こった時の
(もちろん無い事を願っているけれど)
覚えや戒めとして、書きつける意味があると思ったので、以下、コピペ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これを読んだかた、可能な限りコピーペーストで広めて下さい

・これから夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
便乗する性犯罪者がいます。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

・赤ちゃんがいる方。
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
彼の死を無駄にしないで。

・電話の使用は極力避けてください! 
非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。
 
・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。
通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。

・ガスの元栓をしめてください。
ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。

・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
飲料水の確保もお忘れなく。
ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。

・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
絶対に見物などには行かないようにしてください。

・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。

・室内に居る時も、履物の確保をしてください。
ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。

・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも
簡易ヘルメットになります。
おなじように足に巻けば、履物になります。

以上、一人でも多くの方が、コピーペーストで広めてくれることを願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前の記事にコメントを頂いているのに
お返事をしていない状況ですみません。

地震のあったその日は会社で夜を明かし
帰宅後は夕方近くまで爆睡、
手元の事や、家族・友人・会社との連絡など、通常以外の事で
どんどん時間が過ぎていく間に土日が過ぎていき、という状況です。

本日・3/14(月)は、通勤経路の鉄道会社が終日運休だったので
自宅待機となったけれども、輪番停電(計画停電)の準備をしながら
(第2グループだったうちは結局実施されなかったけど)
被災地の状況をテレビで見たり、
相変わらず会社の人間と連絡をしたりで、
思わぬ休日も、特に嬉しい感じもなく。
日を追うごとにテレビで映し出される映像も
生生しいものになって、思わず涙ぐむことにもなるしで
外の春の陽気も、なんだか皮肉なほど。

はやく、はやく、穏やかになりますように。
と願うには、まだまだ、寒く、苦しい気持ちでいる方達の多さが、
その存在感が、圧倒的であるけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

現況

家族友人知人の殆どとはメールや電話やブログで安否確認がとれて
日付が替わってからようやく安堵したのだけど
結局、今(12(土)の午前3:45)まだ職場にいて
あと15分ほどで帰路に就こうかというところ。

利用経路の電車は0時半頃には運転再開していたのだけど
再開してからしばらくは通常運行とはほど遠くて
終夜運行ではあるものの、何分に一本来るのか、混み具合は、等等、
分からなかった(現時点も分からないけど)のと
とりあえず職場は人もいて、電気・水道も止まらず暖かい場所で過ごせるしで
この時間までになってしまった。

会社側で夕食のお弁当、飲料、その他の食料を用意して
テレビのある部屋は人が入れ替わり立ち替わりしながら、
昼間の都内や千葉や、より被害の甚大な宮城や岩手の映像に
皆釘付けになっていた。

こうして打っている間にも余震があって
そのたびに昼間の揺れと、逃げろの声で走り出した時を思い出して
落ち着かない。

今住む町田市は、ずっと停電が続いていたようで
東京ではあと職場のある中央区と、目黒区のそれぞれ一部が
停電していたようだけど
町田市だけが数・時間とも突出していた。
とりあえず家族は無事で、夜に再度連絡をした時
電気が使えずする事が無い旦那さんは寝ていたというから
起きてからテレビを点けたら被災地の被害状況に驚くだろう。
その旦那さんも、今日は途中から歩いて帰った筈だけれど。

宮城の状況が酷い。他の所も。
亡くなられた方々の御冥福をお祈り致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

あ゛ーーー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »