« チェーンメール | トップページ | 気に掛かっていた事をちょっとずつ »

2011年3月19日 (土)

東電幹部が謝罪

上記件名の記事をインターネット上で先ほど見て、
なんとなく違和感を感じている自分。

社会的インフラを民間企業が請け負うということについて
なんとなく通り一遍の理解だったのでは、と
過去の自分を振り返っている。

勉強したい。
鉄道しかり、郵政しかり。

効率性、安定性、モラルハザード、責任。
その時点での良きベクトルに向かっての
最大公約数を取って存在に繋がっているのだと
考える事が自然だろうけれども、
国を揺るがすこれだけの災厄が
一企業の経営責任というには
あまりに軽すぎるだろうと思う。
ましてや、その従業員たちの命がけの生真面目さを
福島フィフティなどと称揚することなどは
もっと大きなものを彼らの責任感に転嫁するようで、
そんな称揚はSAMURAIなどと勝手に感動する
外国人がするのに任せておけばよいように思える。

|

« チェーンメール | トップページ | 気に掛かっていた事をちょっとずつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110178/39282185

この記事へのトラックバック一覧です: 東電幹部が謝罪:

« チェーンメール | トップページ | 気に掛かっていた事をちょっとずつ »