« 鰯と牡蠣のフライ | トップページ | 我慢しちゃだめってほんとだった »

2013年3月22日 (金)

牛すじのトマト煮込み


この前の祝日の夕飯。


わたし的にメインはこの

牛すじ。


昼のうちに2時間ほど煮込んで軟らかく処理しておいて、夜に仕上げ。
って、その2時間の火の見張りと灰汁取りという
地味にうっとおしい部分をしてくれたのは旦那さんなのだけど。
うちは圧力鍋とか無いしね…お疲れ様…!


ワイン居酒屋なんかでこんなのがあると好きで頼むけど
小さめのお皿にちょろっと盛られて1000円ぐらい取られるうえに
数人でシェアすると2、3切れぐらいしか食べられないのが
なんだかいつも欲求を満足させられない。
遠慮なくモリっと食べて満足したい!


満足しました(笑)。

とろとろの、とぅるんとぅるん。
いやいやこれは、よくできました。
庖丁で切るのも難儀な筋が、こんなになるなんてねえ。


自分用の覚書としてレシピを。
用意した牛すじ肉は400gほど。(画像の角皿の他にまだ鍋に残る量。)
牛すじを水から煮て茹でこぼし、一旦水にとって灰汁や汚れを洗う。
食べやすい大きさに切って、茹でこぼし後に洗った鍋に入れて
また水から煮る。
一緒に鍋に入れたのは、半割りにした玉葱1個、にんにく3かけ、
セロリの葉っぱの部分。
この段階ではまだ味付けはしない。酒も入れない。
あとは灰汁を取りながらひたすら煮る、煮る、煮る。
途中煮汁が少なくなったら水を足す。
2時間程煮て軟らかくなったら準備終了、あとは好みの味付け。
今回はトマト缶1缶とブイヨンキューブ2個、酒、ローリエを投入。
スープやシチューのように汁ものっぽくはしたくなかったので
煮詰めるように火にかけて
ちょっと煮詰まってきたあたりで塩、胡椒、ナツメグで仕上げた。
始めに入れていた玉葱やらセロリやらは臭み抜きとか風味付けのためで
仕上げの時には抜き去ろうかと思っていたのだけど
2時間も煮ていたらほとんど渾然一体となっていたので
それも一緒に具となりました。旨かった。

|

« 鰯と牡蠣のフライ | トップページ | 我慢しちゃだめってほんとだった »

飲食」カテゴリの記事

コメント

旦那さんとこでも見た(笑)

美味そうですなぁ♪

ウチも来週牛スジやります☆

ウチのは塩でさっぱり、柚子胡椒を添えてかなぁ。

投稿: 髭 | 2013年3月24日 (日) 03時02分

>髭さん
旦那もお世話になってます(笑)
時間があるときに煮込みしたかったんですよねー
なので、美味しかったというよりスッキリしました(笑)
柚子胡椒、美味しいでしょうねえ。煮た後だったら色々しなくても塩とか醤油掛けて食べるだけで美味しそうですし!

投稿: ザッキー | 2013年3月26日 (火) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110178/50868691

この記事へのトラックバック一覧です: 牛すじのトマト煮込み:

« 鰯と牡蠣のフライ | トップページ | 我慢しちゃだめってほんとだった »